top >> 学習の内容 >> 学習のすすめかた

遠山顕の英会話朝・昼・晩


この講座では、コミュニケーションを中心に実際に使えるフレーズを学習します。英語で喜怒哀楽を自由に表現することが、この講座の目的です。会話を聞いて内容を理解したり、声に出して使える表現を覚えていく学習スタイルです。1レッスン完結となっているので、どこからでも学習できます。


コンテンツの基本構成

この講座は、旅行・生活・病気・職場など25のテーマがあり、各テーマは3〜5のレッスンで構成されています。

レッスンメニュー(右イメージ画)には1ヶ月分のコンテンツ(約30レッスン)が用意されています。また、月2回の更新でテーマが2つずつ追加されます。

1レッスン約20〜30分程度で学習できる内容となっています。学習ペースには個人差がありますので、ご自分のペースで無理なく学習しましょう。
 
 

「レッスン」について

「レッスン」は、以下の学習項目で構成されています。

Dialog 会話を聞いてシチュエーションをつかみます。
Words & Expressions 会話内の重要単語と表現を覚えます。
Repeat after us 発音練習で正しい発音を覚えます。
Yes/No Questions レッスン内の会話の理解度をチェックします。
Different Situation レッスン内の会話を違うシチュエーションで聞き、英語の表現の楽しさを覚えます。
 

本コンテンツの進め方

1)Dialog〜会話を聞いてみよう〜
会話を聞いてシチュエーションを理解しましょう。

1.まず始めに、「Play」ボタンで会話をチェック

英文テキストや、日本語訳を見ながら音を聞くのではなく、まずは何も見ないで会話を聞き、想像を膨らませながら会話だけを聞くことに集中します。

2.「Read」で会話の内容を音声と英文で確認
音だけで聞き取れなかった部分や、聞き間違えていた個所など、初めからテキストを見ていたら気づかなかったポイントが見つかります。

3.「Japanese」で会話の内容を確認
英文と音声だけで理解できなかった言葉の意味を確認します。

 

2)Words & Expressions〜表現を覚えよう
ここで取り上げる単語や表現は、英語の決まり文句です。
役立つ表現ばかりですので、しっかり覚えましょう。

1.単語・表現の確認
語句をクリックすると先生の音声解説で重要単語と表現をチェックすることができます。

 

3)Repeat after us〜声に出して練習しよう〜
会話の発音練習です。耳と声で英語の言い回しを覚えましょう。

1.発音練習

ネイティブの発音に続いて言ってみましょう。英語のリズムやスピードを身につけましょう。

2.Role Play
実際の場面を想像してAまたはBの役になり会話練習をしましょう。

3.Key Expression Practice
チャイム音に続いて発音しましょう。場面を想像しながら。テキストを見ないで言えるようになるとフレーズの記憶向上につながります。

 

4)Yes/No Questions〜理解度チェック〜
会話をどの程度理解できたか質問に答えて確認しましょう。

1.理解度チェック
各問題をクリックすると、本文の内容を問う問題が英語で流れます。YesかNoで答えると正解チャイムもしくは誤答ブザーが鳴ります。ここで理解できていなければまた前の項目に戻って学習することをお勧めします。

 

5)Different Situation〜おさらいしよう
同じ内容のダイアログを違った状況で聞いてみましょう。

1.おさらい

レッスンを通して学習してきたダイアログを違った状況で聞いてみましょう。単語や文章の丸暗記学習ではなく、英語で意図を伝える楽しさを身に付けます。遠山先生とネイティブの先生との楽しい英語寸劇が聞けます。